【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

ライティングの案件が豊富なREPOで作業する際の注意点

色々なクラウドソーシングがあるので、利用する際はできるだけ多くの情報を集めることが大切です。

ただ、情報を集めただけではわからないことは多いです。そのため、情報を調べることは大切ですが、一歩踏み出して実際に作業してみることをおすすめします。

評判がイマイチなクラウドソーシングでも作業してみた結果、自分向きだったという可能性はあります。しかし、あまりにも評判が悪い場合、登録を見送る判断が必要な場合もあります。

このブログではライティングをする際におすすめのクラウドソーシングを紹介しています。その中で今回はREPO(ルポ)で作業する時の注意点について書いていきます。

ルポは初心者向き

私がライティングで使用しているクラウドソーシングは全て初心者向きです。この中でもREPO(ルポ)は文字数が少ない案件もあるので、かなり取り組みやすいです。

文字単価は0.2円や0.3円程度が多いため、副業で稼ぐとなれば毎日数百円や数千円と作業するのが良いのではないでしょうか。

もう少し文字単価の高い案件に挑戦したいのであれば、サグーワークスクラウドワークスで案件を探してみることをおすすめします。

ルポよりは文字単価の案件を見つけられるでしょう。

ただ、文字単価の低い案件が多かったとしても数で稼ぐことは可能なので、自分の考え方で実践していく必要があります。

魅力や仕事のやり方について知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

関 連 副業に最適なクラウドソーシングサイト④「REPO(ルポ)」

ルポで注意したい「即日承認」の案件

ルポにアクセスすると「即日承認」という案件がありますよね。

言葉の意味から記事を納品した「当日」に記事の審査を行って「承認」または「否認」という結果が出ると考えるのは当然です。

しかし、以下に当てはまる時は「即日承認」にならないケースがあります。

審査担当が帰宅している時

ルポがどのような体制で納品された記事を審査しているのかわかりません。しかし、記事の内容は結構しっかりと見ているように感じています。そのため、記事を納品する際はルールをクリアしていることが重要です。

記事の審査担当者の帰宅時間もわかりません。しかし、遅い時間まで残って審査をしていることはないと考えています。

ですから、「即日承認」の案件だからといって、遅い時間帯に納品した記事がすぐに審査され、結果がわかるわけではないと理解しておきましょう。

土日や祝日

ルポでは土日や祝日に記事の審査は行われていないように感じています。これは、私がこれまで作業してきた中で感じたことです。

他のクラウドソーシングでは土日や祝日でも承認されることはありましたが、ルポは土日や祝日はこれまで一度も承認されていない気がします。

そのため、「即日承認」の案件は土日や祝日の昼間に提出したとしても、翌営業日に承認されると考えて良いと思います。

承認までを考えて作業する

承認される流れやスピードはあくまでも私が感じていることなので、間違っている可能性はあります。しかし、ルポに登録してから数年は利用しているので、大きく間違っているとは思っていません。

承認や否認は報酬を得られるかどうかでとても重要なことです。また、キリの良い金額にしてから振込手続きをしたいという場合もあるでしょう。

ですから、実際に作業をしてみることによって案件の特徴や承認されるまでのスピードがわかるようになります。

REPO(ルポ)