【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

ライティングのコツ②「慣れるために短い文章作成から始めよう」

ライティングのコツ①「ルールを守る」では、ライティングを行う際にルールを守ることの重要性や具体的なルールの例をご紹介しました。

既にライティングで稼いでいる方にとっては当たり前の内容です。しかし、とても重要なことなので、初心者の方は絶対に覚えておくべきです。

今回はライティングのコツ②「短い文章作成から始める」について書いていきます。

記事の文字数は様々

クラウドワークスやサグーワークスには常時初心者から上級者向けの案件があるため、ライティングを行うサイトに適しています。常時とはいっても、時期や時間帯によって案件の数は異なりますが、案件が無くなるような状態にはなりません。

ライティングに慣れていれば、自分が得意な文字数を理解できている状態なので作業しやすいメリットがあります。しかし、初心者の場合はネット上で記事を書いた経験がないため、どのような文字数の案件が適切なのは不明な状態です。

文字数の多い少ないについてはそれぞれの考え方によりますが、個人的には1000文字がラインだと思っています。

1000文字を超えるとしっかりと構成を考えなくてはならないので難易度は高くなります。

初心者は1000文字以下の案件から始めよう

ライティングは初心者でも文章を作成するのが得意な場合は、何文字で挑戦しても問題ないです。しかし、文章の作成が得意ではないのであれば、1000文字以下の案件から書き始めましょう。

400字の原稿用紙で考えると2枚以上となるため、初心者の方からすれば「多い」と感じてしまうのは仕方ないです。

しかし、自分の得意なことを記事にする案件であれば、1000文字を書くことは全く難しいことではないです。逆に1000文字では収まらないという場合もあります。

1000文字以上という案件の条件は、1000文字さえ超えていればルールを守っているので、2000文字書いても3000文字書いても報酬は同じです。

ですから、文字数が条件に満たないことだけではなく、書き過ぎることにも注意が必要です。

1000文字以下でおすすめの文字数

200文字~300文字

200文字や300文字の案件は400字の原稿用紙で考えると1枚未満です。そのため、ライティング初心者でも数分で記事を完成させることができます。

これくらいの文字数で完結する記事については、高い質を求めているわけではありません。ですから、思ったことをそのまま書く形で良いでしょう。

500文字~600文字

500文字や600文字は200文字や300文字の案件に比べると文字数が多くなるため、初心者の場合は時間はかかってしまう可能性はあります。しかし、こちらも書き慣れることで短時間で仕上げられるようになります。

また、200文字や300文字の案件に比べると500文字や600文字の案件の方が募集は多いため、稼ぐことを考えると挑戦する価値はあります。

800文字~1000文字

このくらいの文字数になると多少は構成を考えながら作成しなければなりません。そのため、200文字や300文字、500文字や600文字に比べると難易度は高いと言えるでしょう。

ライティングを始めたばかりの頃の場合、800文字から1000文字は予想している以上に時間がかかるという状況はあり得ます。

挑戦するのは自由ですが、苦戦してしまうとライティングというネット環境とパソコンさえあれば可能な仕事を止めてしまうことがあるため、とてももったいないです。

ですから、800文字から1000文字の案件は、500文字や600文字を問題なく作成できるようになってから挑戦してみることをおすすめします。

少しずつ1000文字以上案件に挑戦する

短い文字数の案件に取り組み、慣れてきた場合は少しずつ1000文字以上の案件に挑戦すると良いでしょう。文字数が多くなると仕上げるまでに時間がかかったり、構成をしっかり検討したりなど、求められるものは多いです。

しかし、文字数が多い案件は報酬に期待できるため、より稼ぎたい場合には取り組む必要があります。

文字数が多い=難しいというわけではないです。短い文章の積み重ねが長文だからです。ですから、1000文字から1500文字、2000文字というように、徐々に文字数を増やしていくことによって、3000文字や5000文字の記事を完成させる力を身に付けられます。

 

長文の案件はクラウドワークスやサグーワークスにたくさんあります。特に、【サグーライティングプラチナ】はテストに合格しなければ記事の作成に参加できませんが、案件の文字単価は高めなので魅力的です。

さいごに

ライティング初心者が知っておきたいコツ②として「短い文章作成から始める」について書いてきました。

200文字や300文字といった少ない文字数の案件から始めることによって、1000文字を超える記事を仕上げられるようになります。簡単な案件は文字単価が高くないため、報酬には期待できません。

しかし、練習やこれから稼ぐための準備と考えれば挑戦する意味はあります。