【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

アフィリエイトで記事が必要な時はクラウドソーシングを活用しよう

アフィリエイトを始める場合は無料のブログサービスを利用したり、サーバーとドメインを取得してオリジナルのサイトを作成したりといった方法があります。

どちらを選ぶのかは自分の考え方次第です。現在、私はWordPressにてエックスサーバーXdomainという形で当サイトを運営していますが、最初はgooやライブドアといった無料ブログサービスで雑記を書いていました。

サーバーをレンタルしたり、ドメインを取得したりといったことは当サイトが初めての経験なのでわからないことはたくさんあります。しかし、わからないことが多いながらもできることは多いと感じており、WordPressはアフィリエイトに向いていると考えています。

アフィリエイトで大切なコンテンツ作成

アフィリエイトを始める場合はコンテンツが必要です。コンテンツの中で最も簡単で初心者向けなのが文章です。写真や動画をコンテンツにするよりは自分で思ったことを書き、記事として仕上げた方が簡単です。

記事の内容に制限はないので自由に決めても問題ありませんが、アフィリエイトということを考えれば読んでもらえる記事にしなければなりません。写真や動画が主なコンテンツであれば文章は補助的な役割です。しかし、文章が主なコンテンツであれば読んでもらえなければ価値がないことになります。

好きなことを好きなだけ書いて集客するのか、それとも求めらている記事を考えて記事を書くのかは慎重に検討し、方向性を決めることで集客可能です。

また、アクセスを集めるためには記事の質と共に量も求められるため、1つ1つの記事を丁寧に仕上げるのがポイントです。

記事を書けない状況の乗り越え方

少しずつ記事を書く

アフィリエイトで使用する記事を自分で書く方法を選択した場合は、記事を書く時間を持てないことで困る状況が考えられます。仕事や育児、家事などで記事を書く時間が取れない時は、細切れの時間を使って記事を少しずつ書くことをお勧めします。

また、アイデアが思い浮かばずに苦労する場面も考えられます。アイデアについては考える時間が長いからといって浮かぶものではないです。

何かをしている時にふと思い浮かぶことがあるので、アイデアで煮詰まっている時は考えるのを止め、他の物事に集中する方法が効果的です。

アイデアは早い段階で記事に仕上げるべきですが、作成に時間がかかる場合はアイデアを忘れないように書き留めて置き、時間のある時に見返して少しずつ作業を進めるのが良いでしょう。

記事を外注する

アフィリエイトで必要な記事を書く時間もアイデアもない時は、思い切って外注してみる方法が効果的です。

記事を外注するとなれば料金を支払うことにはなりますが、記事の作成を依頼できるので時間的な余裕が生まれます。これまで記事の作成に充てていた時間を他の物事に使用できるからです。

たとえば、就寝前や出勤前に記事作成の依頼を出しておくと、起床後や帰宅後に納品されている状態を実現することは可能です。

ただし、アイデアがないといっても最低限、記事の方向性やキーワードなどを決めて依頼しなければならないので、詳細を考える作業は必要です。また、記事の質や文字数、希望する記事数なども決めます。

記事の外注に適しているサイト

アフィリエイトで使用する記事の外注に適しているサイトといえばランサーズクラウドワークスです。

2つのサイトに共通していることは、記事が欲しくなった時に依頼を出せる点です。ライティング専門のサイトを利用する方法もありますが、ランサーズとクラウドワークスはクライアントは365日24時間いつでも記事を外注可能です。

ただし、外注すれば必ず欲しい記事が集まるとは限りません。とにかく質を重視したいのであれば、実績のあるライターへ直接依頼する方法が効果的です。非常に多くのライターが登録しているので、誰を選ぶかによって記事の満足度は変わってきます。

まとめ

アフィリエイトを始める場合は主要なコンテンツを決める必要があります。主要なコンテンツを文章にする場合、記事を自分で書くのか、それとも外注するのかを選ぶことになります。

自分で記事を書く場合は無理に作業するのではなく、少しずつでも良いので地道に作業するのがポイントです。また、自分で記事を書く時間がなかったり、アイデアが不足していたりといった状況であれば、外注する方法が効果的です。

外注する際はランサーズクラウドワークスといったクラウドワークスを利用することによって、記事が欲しくなった時にすぐ依頼可能です。