【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

拾って稼ぐ!池に落ちたゴルフボール回収・販売で儲けましょう

日本テレビでは平日の午後11時から情報番組「NEWS  ZERO」を放送しています。

その日に起こった政治や経済、芸能、スポーツなど様々なジャンルのニュースを放送してくれるため、忙しく過ごしていたとしても幡組をチェックすれば一日の出来事を知ることができます。

そんなNEWS  ZEROで2017年の2月22日、興味深いビジネスで儲ける会社の特集が放送されていました。

ゴルフ場の池にはたくさんのボールが落ちている

ゴルフ場のコースにはバンカーや池がありますよね。バンカーに入ってしまったボールは取り出せますが、池に落ちてしまったボールは諦めます。ゴルフをするならボールを購入しなければならないので、1個をできるだけ長く使用したいですよね。

しかし、もったいないからといってわざわざボール1つを回収するため、プレイ中に池に入るようなことはしないです。仕方ないと諦めて別のボールを使用するのが一般的です。

すると、ゴルフ場の池にはミスショットで落としてしまったボールが少しずつ溜まっていきます。

ゴルフボールはメーカーによりますが、1個ダースで1千円~という価格で販売されています。

ゴルフが大好きで年間で何十回とプレイする人は収入が多いでしょうから、ボールを池に落としたからといって気にすることはないのかもしれません。

ただ、数回しか使っていないゴルフボールを池に落ちたからといって、そのままにするのはもったいないですよね。


池に落ちているゴルフボールの回収・販売で儲ける

NEWS  ZEROの特集では、「ゴルフ場の池に落ちているボールを回収し、販売する」というビジネスモデルで成功している会社が紹介されていました。

回収から販売までの流れは以下の通りです。

  1. ゴルフ場の池でダイバーがボールを回収
  2. 回収したボールを綺麗にしてブランドや状態で仕分け
  3. インターネットで販売

ゴルフ場の池でダイバーがボールを回収

まず、池とは言っても潜らなければならないため、ダイバー雇っていました

注意
素人が潜ってボールを回収するのは危険な作業だからです。

足が付くような浅い池であれば潜る必要はないのでダイバーは必要ないでしょう。

しかし、潜らなければならない深さの池であれば、ダイバーに作業をしてもらうのが安全な選択です。

回収すればなくなりますが、1年や2年と時間が経てば再び数千個や数万個のゴルフボールを獲得できます。

回収したボールを綺麗にして状態やブランドで仕分け

ゴルフ場の池で回収したボールの状態は様々です。落ちてから日が浅い物は汚れは少ないでしょうが、落ちてから日が経ち、長く水中で放置されてしまったボールはヌメリや泥が付着しています。

そのため、まずはボールを綺麗な状態にします。

しかし、汚れを全て落とせなかったり、傷があったりなどボール1つ1つの状態は異なります。また、ボールのブランドも異なっているので状態やブランドで仕分けし、販売価格を決定します。

3.インターネットで販売

回収したゴルフボールを店舗で販売するのであれば、物件と人員の準備が必要です。これでは賃料や人件費が発生します。

しかし、番組で紹介されていた会社はインターネット販売だったので、賃料と人件費を節約していました。コストカットはとても大事ですね。

従業員数は10名以下で年商は1億円以上とのことで、これは儲かっていますね!

番組を見た限りでは、会社の倉庫のような場所でボールの洗浄や仕分けを行っていました。倉庫は広く見えませんでしたが、仕分けされたボールが入っている籠は確認できました。


注意点

無料で回収しているわけではない

紹介されていた会社は、ゴルフ場の池に落ちたボールを無料で回収しているわけではありません。

ゴルフ場に手数料を支払っていました。

ゴルフ場は池に落ちているボールを回収することができるので、綺麗な状態にすることができます。また、不要なゴルフボールを回収してもらえることに加え、手数料収入を得られるのでメリットしかありません。

池に落ちたゴルフボールを回収した会社は、販売するボールを新品や中古の価格よりも安く仕入れることができるため、儲けを出せるようになります。

ですから、ゴルフ場とボールを回収した会社の双方にメリットがあるため、WIN-WINの関係となっています。

勝手に回収するのは窃盗です

「池に落ちているゴルフボールは要らない物、だから勝手に回収しても大丈夫!」

といってゴルフ場の許可と取らずに勝手に回収しようと考えている人は絶対にやめましょう。

ゴルフボールは購入者に所有権があります。ただ、打って池に落として回収しない場合、所有権はゴルフ場となります。

注意
勝手に回収するのは窃盗です。

ですから、ゴルフ場に迷惑をかけることなく、正当に回収するためにはゴルフ場としっかり契約しましょう。

さいごに

ゴルフ場の池に落ちたボールを回収し、綺麗にしてから販売するビジネスは斬新で面白いと感じました。こういうアイデアを考え、ビジネスとして実行した人が成功するのでしょうね。

ただ、今回紹介した内容を副業するのは簡単ではないでしょう。なぜなら、ダイバーとしての経験や免許が必要になるでしょうし、ゴルフ場によって処分の考え方に違いがあるためです。

また、ボールの洗浄や保管等を行うための設備や場所も準備が必要です。

そのため、ビジネスとして本業でやることをおすすめします。