【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

騙されないように注意!在宅ワークで稼ぐなら業者選びを徹底しましょう

在宅ワークは自宅で取り組めるメリットから主婦やOL、サラリーマンの副業に最適です。主婦であれば家事や育児の合間の時間、OLやサラリーマンであれば出勤前や帰宅後の時間を在宅ワークの副業に充てられます。

アルバイトとして取り組んでいる専門学校生や大学生もいるでしょう。

ただ、自宅で自由な時間の中でお金を稼げる在宅ワークはメリットばかりではありません。

信頼できる業者ばかりとは限らない

在宅ワークには色々な種類があります。その中で誰でも簡単に始められる仕事といえば、インターネットやパソコン、スマートフォンを利用した文章作成です。

商品やサービスの紹介文や説明文、体験談を作成し、インターネットを利用して納品する仕事は、特別や知識や経験を必要としません。管理人も副業でクラウドソーシングサイトもライティングしています。

クラウドソーシングサイトを利用するためには氏名や年齢、メールアドレスといった情報を登録するケースが多いです。

 

しかし、世の中には良くないことを考える人がいます。

たとえば、登録者の情報を悪用したり、仕事を依頼するのではなく物を売りつけたりなど、だまされて副業で稼ぐどころか逆に出費が増えるケースは絶対にないとは言えません。

人を疑うのは良くないですが、悪用しようとする人やだまそうとする人がいることは頭に入れておくことが大事です。

消費者庁が注意情報を発表

2018年2月19日、夜にテレビでニュースをチェックしていたところ、

“在宅ワーク業者に注意を”

という内容を目にしました。

ニュースによると、「ソーシャルネット」「スマートプラン」というサイトを利用し、在宅ワークで商品の紹介文作成などの仕事に応募していた人が、多額の費用を請求されていたようです。また、報酬は最初の数千円程度しか受け取ることができていなかった模様です。

消費生活センター寄せられた相談は90件で、被害額は約4400万円とかなり多いです。

ヤフーニュースの方でも記事を確認できました。(記事は削除されたようでアクセスできなくなっていました。)

こういうニュースを見聞きするのはとても残念です。それにしても、90件の相談と4400万円という被害額には驚きました。

また、ニューズの中で「所在地に事業所なし」と発表されていたので、かなり詳しく調査している様子です。

在宅ワークで業者を選ぶ場合のコツ

できるだけ多くの情報を集める

在宅ワークで業者を選ぶ場合、情報をできるだけ多く集めることが大事です。今はインターネットを利用すれば情報を集められるので、全く調べない状態で利用するのではなく、登録する前に調べるべきです。

そこで、マイナスな印象を受ける内容が多ければ、登録を見送りましょう。どうしても登録したいなら自己責任で最新の注意を払う必要があります。

費用を請求されるのはおかしいと考える

“在宅ワークの仕事を紹介するからお金を支払ってください”

このように言われたからといって素直に支払うのは絶対にダメです。お金を稼ぐ前にお金を失うのはおかしいと考えることが大事です。

同様に”仕事を紹介する前にパソコンを購入してください”商品やサービスの契約をしてください”なども怪しい捉えるべきです。

レビューの仕事は商品やサービスを使用しなければならないので、お金を支払う場合はあるかもしれません。ただ、後払いや代金を報酬に上乗せなど色々なケースがあるため、全てを疑うのは無理があります。

しかし、管理人は仕事を引き受けるためにお金を支払うことに抵抗があるので、面倒な案件はやらないようにしています。

以下の記事は管理人の実体験なのでこれから在宅ワークをする人に参考になるかもしれません。

私の副業失敗談⑤データ入力の仕事に応募→なぜかパソコンの購入を迫られる

さいごに

在宅ワークでの副業は取り組みやすいですが、業者を利用するなら信頼できるかどうか自分で判断しなければなりません。

怪しいと感じた場合は「とりあえず登録しよう」ではなく、徹底的に情報を調べましょう。そのうえで信頼できると判断した場合に利用すると良いです。