【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

クラウドソーシングサイトって本当に安全?3つのポイントで判断しましょう

当サイトではクラウドソーシングを活用した副業の記事が多いです。管理人自身が実際に取り組んでおり、一番稼いでいるのが理由です。

すでにクラウドソーシングのサイトにて稼いでいる方にとっては、当たり前のことなので心配や不安はないでしょう。

しかし、初めて取り組む方は「本当に安全なの?」と不安に感じてしまい、なかなか始められないというばあいがあります。

 

そこで、今回は安全に利用できるクラウドソーシングのサイトの判断の方法について解説します。

クラウドソーシングサイトでの副業に感じる不安

クラウドソーシングサイトで副業をする際、初めての場合は以下のことを感じるでしょう。

信頼できるサイトなのか?

クラウドソーシングサイトを利用して副業をするためには、会員登録をしなければならないケースが多いです。

氏名や生年月日、住所といった情報をネット上で入力し、送信するわけですから、信頼できるかどうか疑問を感じるのは自然なことです。

換金できるのか?

クラウドソーシングサイトでの仕事を通じて稼いだお金をしっかりと換金できるのかどうかについては、多くの人が気になっているでしょう。

せっかく稼いだとしても換金できなければ費やした時間が無駄になります。また、換金以外の方法も可能かどうかも気になるところです。

身バレすることはないか?

クラウドソーシングサイトに住所や氏名といった個人情報を登録すると、身バレが気になる場合があります。

副業禁止の企業に勤務している方がクラウドソーシングのサイトに登録してしまうと、身バレのリスクは高くなります。

安全性は3つのポイントで判断しよう

クラウドソーシングサイトの安全性を判断するためのポイントは3つあります。

サイトのSSL設定を行っている

クラウドソーシングのサイトが安全かどうかを判断するためのポイントとして、まず重要なのがSSLの設定を行っていることです。

SSLの設定を行うとサイトのURLがhttpからhttpsになります。

メリットはパスワードやクレジットカードの番号といった重要な個人情報を第三者から守れることです。

つまり、httpsのサイトはしていないサイトよりも安全性が高いと言えます。

 

SSL設定をしているかどうかを知るための方法は以下の通りです。

URLの部分を見る(ブラウザはGoogle Chrome)

これは私のサイトのトップページです。ブラウザはGoogle Chromeです。

URLの部分で赤い線を引いているところに注目してください。

緑の鍵マーク、「保護された通信」、httpsとなっています。これはSSL化しており、情報が第三者に漏れない状態になっています。

 

また、緑の鍵マークの部分をクリックすると以下のメッセージを確認できます。

保護されていない場合

ちなみに、保護されていない状態の場合は以下のような形になります。

赤矢印のところに○で囲まれたiのマークがありますよね。緑の鍵マークが表示されていないので、安全な状態とは言えません。

ただ、httpsにしてもこの表示になることがあります。たとえば、掲載しているブログランキングのバナーやアフィリエイトの広告がhttpになっていると混在している場合です。

しっかりとhtts用のバナーや広告にすれば、鍵マークや保護された通信と表示される可能性があります。

クラウドソーシングのサイトにアクセスして保護状態を調べましょう

実際にクラウドソーシングのサイトにアクセスすると、保護されているかどうかがわかります。

全てのページにSSL設定を行っているのが理想的ですが、個人情報が多いページだけ保護状態にしているサイトがあります。

マイページが保護状態になっていないサイトはないと思いますが、あり得ないことではないので、注意が必要です。

換金に関する情報を細かく掲載している

信頼できるクラウドソーシングのサイトは、換金に関する情報を細かく掲載しています。

たとえば、

  • 振込手数料
  • 振込可能な金融機関
  • 換金のスケジュール
  • 出金と繰り越しの設定

などの情報は安心できるクラウドソーシングのサイトの場合、必ず確認できます。

副業で稼ぐために取り組むわけですから、換金に関する情報は面倒でも登録する前にチェック必須です。

評判が良い

信頼できるクラウドソーシングサイトかどうか判断するためには、評判が良さも1つのポイントです。

評判が悪いということは、仕事の種類やシステム、手数料など色々な部分に問題があることを意味しています。

完璧なクラウドソーシングサイトはありませんが、評判は良い方が信頼できるのは事実です。

 

クラウドソーシングのサイトについて解説や紹介しているサイトはたくさんあるので、色々な情報を入手してから登録先を決めましょう。

SSL設定を行っているクラウドソーシングサイトは予想していたよりも多かった

当サイトで記事にしているクラウドソーシングサイトのSSL設定について少し調べてみました。

すると、予想していたよりもSSL設定を行っているサイトが多かったです。

たとえば、

といったサイトは安全に使用できると感じました。

有名所なサイトはこういった細かい部分はしっかりと行っているので信頼することができます。

さいごに

クラウドソーシングで副業を始める場合、利用するサイトの安全性に不安を感じる方はサイトのSSL設定していること、換金に関する情報をしっかりと掲載していること、評判が良いことの3つのポイントで登録先を判断しましょう。

安心して作業できるクラウドソーシングのサイトを発見できれば、稼ぎやすくなるので副業の収入をアップ可能です。

 

また、自分が運営しているブログやサイトがhttpの場合は、時間がある時にでもSSL設定を行ってhttpsにしておくことをおすすめします。

私はエックスサーバーを利用しています。エックスサーバーは独自SSLを無料で利用できます。サーバーの契約をしていれば良いだけなので、条件を満たすのは簡単です。

そのため、これから新しいサイトを立ち上げる方にはエックスサーバーを推奨します。Simplicityでエックスサーバーを契約している方は、SSL設定に関する記事がネット上にたくさんあるので、初心者でも無事httpsにできると思います。


私はWordPress初心者でこのサイトを開設しましたが、何とかSSL設定を終えることができました。(わからないことが1つ残っていますが・・・)

Simplicityの製作者、わいひらさんのサイトにエックスサーバーのSSL設定について記事があるので、ぜひ参考にしてください。

参考 WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)寝ログ 参考 Simplicityの「簡単SSL対応」機能を用いてサイトをSSL化する方法Simplicity

 

私の記事は全く参考にならないでしょうが、SSL化した時に書いた記事があります。技術的なことは何も書いていません・・・。1つ言えるのは失敗しないための確認とバックアップを取ることはとても重要です。

関 連 エックスサーバー環境でSimplicityのサイトをhttpsにSSL化→なんとか成功?

MEMO
現在、WordPressのテーマはSANGOに変更しています。