【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

ランサーズの「認定ランサー」になって1年経過・・・変化があったのか振り返ってみる

クラウドソーシングのランサーズはライティングの副業をする際に利用しています。

最も稼いでいるサイトでもあるので、今後も副業で活用していく予定です。

ランサーズには「認定ランサー」という制度があり、色々な面でメリットがあります。

認定ランサーは誰でもなれるチャンスはありますが、条件があるので満たす必要があります。

認定ランサーとは?

認定ランサーとは、ランサーズが定めた基準をクリアしている作業者のことです。

運営者に認められたということで、なれた当初はちょっとだけ誇らしい気分になりました。(今思うと恥ずかしいです。)

認定ランサーになるためにクリアすべき基準

  • 応答のスピードが速い
  • 責任感と対応力がある
  • 獲得報酬額が多い
  • クライアントから評価されている
  • 本人確認や電話番号確認を行っている

 

大雑把に書くとこのような基準となっています。各項目でさらに細かい基準が定められているので、興味のある方は公式サイトで確認してみてはいかがでしょうか。

参考 認定ランサーについてランサーズ

基準をクリアするのが難しいと思う項目

認定ランサーになる基準の中でクリアするのが難しいと思うのは、

  • クライアントからの評価→4.8以上
  • 獲得報酬額→各カテゴリの上位20パーセント以上

の2つです。

 

クライアントからの評価は5段階になっているので、4.8以上というのはかなり良い評価を残さなければなりません。

また、獲得報酬額の各カテゴリの上位20パーセント以上も副業で取り組んでいる身としては厳しく感じられました。

それでも、なんとかクリアできたので認定ランサーになっています。

MEMO
※月に1度、基準をクリアしているかどうか審査されます。

認定ランサーのメリット

認定ランサーになると・・・

  • 認定のエンブレムが付くので信頼度アップ
  • 認定ランサーの検索に掲載される
  • 高単価の案件に参加しやすくなる

などのメリットがあります。

クライアントの目に留まりやすいですし、実績があると判断されれば良い条件仕事が可能になります。

ランサーズで仕事をする機会が多い方、本業で取り組んでいる方にとって認定ランサーになることはメリットがあるでしょう。

副業の認定ランサーが1年を振り返って感じていること

私はランサーズでライティングの副業を行っており、毎月数万円稼いでいます。

「これで各カテゴリの上位20%なのだろうか?」

という疑問はありますが、マイページで以下のように表示されているので、決して嘘ではありません。

ただ、今のところは副業という意識で取り組んでいますし、今後も変えないつもりです。

また、ここ1年で取り組んだランサーズの案件は同じクライアントの案件ばかりです。そのため、自分を売り込んだり、積極的に案件へ応募したりというわけではありません。

そのため、私の場合は認定ランサーでもそうではなくても影響はないと思っています。

しかし、せっかく認定してもらったわけですし、これからもっと稼ぎたいと考えた時に認定ランサーは必要になるかもしれません。

さいごに

認定ランサーになって1年が経過しましたが、私はマイペースでやりたい仕事だけをやっているため、稼ぎが増えたというわけではありません。

また、これまでよりも稼ぎが減ったり、評価が下がったりすればただの一般ランサーに戻ってしまいます。

それは少し残念ですが、戻ったとしても特に影響はないです。

 

ただ、ランサーズで本気で稼ぎたい方にとっては認定ランサーになることをおすすめします。その方が稼ぎやすくなるのは事実です。

地道に真面目に取り組んでいれば、すぐにでも認定ランサーになれるチャンスはあります。



クラウドソーシング「ランサーズ」