【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

アフィリエイター必見!クラウドソーシングで記事を外注する時の注意点

アフィリエイトを始める場合は記事が必要になります。自分で全て仕上げられるのが一番ですが、知識や時間が足りなければ満足できる記事、アクセスを伸ばせる記事にすることは難しいです。

自分で仕上げられないのであれば、外注することで入手可能です。

外注するわけですから、対価として料金を支払うことになりますが、クラウドソーシングで依頼を出せば短時間で記事を集められる可能性があるため、便利な状況になっています。

しかし、外注する際に支払う料金を間違えてしまうと、失敗と感じる状況になってしまうでしょう。

記事の外注で起こり得る失敗

質の低い記事が集まる

クラウドソーシングで記事を外注した場合、質の低い記事が集まってしまい、失敗と感じる場合があります。

予想を下回る記事がしか集まらなければ、せっかくお金を出して依頼したにもかかわらず、無駄金になってしまうでしょう。

 記事が集まらない

クラウドソーシングサイトに登録し、ライティングでお金を稼ぎたいと考えている方は、案件を見て取り組むべきかを検討します。

そのため、記事を作成したいと思える案件でなければ、1件も投稿してもらえないまま終わってしまう場合があります。

記事を外注する時の注意点

低すぎる報酬の金額は止める

クラウドソーシングでライティングの案件を探している方は、テーマや文字数以外に報酬をチェックしています。

報酬が収入になるわけですから、当然ながらライター側は良い報酬の案件を選びます。低い報酬の案件は作業されなかったり、質の低い記事しか集められなかったりという失敗を招きます。

文字単価0.2円以上は必要

文字単価は最低でも0.2円以上は必要だと考えています。これでもまだ低いという印象ですが、0.2円未満よりは作業してくれるライターは増えるでしょう。

例 文字単価0.2円、500文字の記事を依頼

500文字×0.2=100円(ライターの報酬)

 

ただ、これくらいの文字単価に質を求めるのは厳しいと思っています。

プロジェクト形式で依頼する

クラウドソーシングサイトに登録さえすれば誰でも参加できる案件ではなく、クライアントがライターを選ぶプロジェクト形式で依頼する方が質の高い記事を集めやすいです。

良い記事を書いてくれそうなライターを探して依頼したり、応募を募って経歴や実績で判断したりなど、プロジェクト形式は慎重にライターを選べます。

報酬はライター側と交渉することも可能

プロジェクト形式の場合、報酬はライター側と交渉しながら決めることができます。経歴や実績が魅力的なライターの場合、予想を超える金額を提示してくる場合があります。

ライターの実力を見誤ると報酬に見合わない記事が集まってしまうので、最初はお試しで依頼し、良いと感じられたライターに欲しい記事を外注しましょう。

記事の外注に利用したいクラウドソーシングサイト

当サイトで紹介しているクラウドソーシングサイトは、記事の外注に最適です。私自身が副業のライティングで使用しているので、信頼性は問題無いでしょう。

たとえば・・・

などは大手のクラウドソーシングサイトなので、記事が欲しい時に利用してみることをおすすめします。

まとめ

クラウドソーシングは記事を外注する上で魅力的なサービスです。しかし、ただ外注するだけでは失敗してしまう可能性あります。

そのため、注意点を理解してから依頼することによって、欲しい記事を入手することができます。

クラウドソーシングサイトは大手から中小まで色々あるので、1つだけを利用しても良いですし、複数を使い分ける方法も有効でしょう。