【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

クラウドソーシングサイトの手数料が高い・・・そんな時は支払う意味を考えよう

ライティングやデータ入力、翻訳、サイト構築など色々など、クラウドソーシングで可能な仕事はたくさんあります。
ランサーズ
クラウドワークスといった国内最大級のクラウドソーシングサイトを見ればわかりますが、日々多くのクライアントが仕事を依頼を出しています。

そして、本業や副業で稼ぎたい方が依頼を探し、仕事に取り組んでいます。

報酬に対して手数料を支払うケースがある

ランサーズやクラウドワークスでは契約金額の5%~20%が手数料として差し引かれてしまいます。

例(手数料が20%だった場合)
契約金額が1千円の案件→20%の手数料を支払うので受け取る報酬は800円

※他に振込手数料も支払うことになります。

 

仮に手数料が20%だった場合、1万円の案件なら2千円が手数料となり、10万円の案件から2万円が手数料となります。

このように考えると20%の手数料は非常に大きく感じますよね。

そのため、2つのサイトで副業に取り組んでいる時、「手数料が高い」と思う方は多いでしょう。

手数料を支払う意味を考えましょう

手数料を支払うのがどうしても・・・・。

このように考えている方は手数料を支払う意味を考えましょう。

仕事探しが楽

クラウドソーシングのサイトはクライアントが依頼を出している中で興味のある仕事に取り組んだり、応募したりします。

しかし、クラウドソーシングのサイトを使用せずに仕事を探すとなれば、クライアントから案件探しまで全部自分でやることになります。

電話やメールなどで自らを売り込むようなことは簡単にできる行為ではないでしょう。

ましてや副業ともなれば、仕事探しにそこまで時間をかけられない場合があります。

安全に仕事ができる

クラウドソーシングのサイトを介さず、クライアントと直接やり取りする形で仕事をする場合、システム手数料を支払う必要はないので、手取りは多くなります。

しかし、報酬の条件が変更になったり、報酬を支払ってもらえなかったりなど、トラブルが発生した際は全て自分で対処しなければなりません。

クラウドソーシングのサイトの場合、最初に仮払いをしているケースが多いので、取り組んで承認された報酬は基本的にはきちんと受け取ることができます。

初心者でもすぐに始められる

クラウドソーシングのサイトは会員登録を行えばすぐに使用可能です。

つまり、登録後はすぐに本業や副業で仕事を始められます。自分の特技を活かせる案件、難易度の低い案件を選べば、初心者でも簡単に報酬を得られる喜びを体験できるでしょう。

手数料の支払いが不要なクラウドソーシングサイトもある

絶対に手数料を支払いたくない場合は、支払いが不要なクラウドソーシングサイトを探し、使用するしかありません。

私がライティングでよく使用しているクラウドソーシングサイトの中で、手数料の支払いは不要なのはサグーワークスREPO(ルポ)があります。

報酬をそのまま受け取ることができるので、ライティングで稼ぎたい方は利用する価値があるでしょう。

注意
ただし、どちらも振込手数料がかかります。ドットマネーなら手数料は無料で交換できます。
どちらもサイトもドットマネーを経由すれば手数料なしで換金可能です。

まとめ

クラウドソーシングサイトのランサーズやクラウドワークスは契約金額の5%~20%が手数料として差し引かれます。

しかし、クラウドソーシングのサイトには仕事探しが楽、安全に仕事を始められる、初心者でもすぐに始められるというメリットがあります。

ですから、手数料がもったいないと考えるだけではなく、支払う意味をしっかりと理解することが大切です。