【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

ライティングのコツ⑤「質の高い文章作成を心掛けよう」

ライティングのコツ④「タイピングスピードで稼ぐ」ではタイピングのスピードとライティングの関係性を述べました。

タイピングのスピードは速い方が稼ぎやすいです。また、タイピングのスピードをアップさせるための方法も紹介しました。

今回はライティングのコツ⑤として「質の高さで稼ぐ」について書いていきます。

質の高い記事を求めているクライアントは多い

質の高い記事はアクセス数アップにおいて大変効果的です。適当にダラダラと書かれている長文の記事よりは、多少短くても質を重視している記事の方が中身が伴っています。

そのため、質の高い記事を求めているクライアントが多い現状にあります。

ただ、質の高い記事と自信を持ってクライアントに納品した記事だったとしても、必ず承認されるとは限りません。

全てはクライアント次第なので、どのような記事を求めているのかを正確に理解し、好まれる記事を作成することが大切です。

質の高い記事を仕上げるためのポイント

ルールは絶対に守る

質の高い記事を仕上げるために必要なポイントの1つ目はルールを絶対に守ることです。

スポーツをする際や誰もがルールを守りながらプレイしています。また、日常生活においては皆がルールを守っているので、快適な生活が可能となります。

ライティングにおけるルールは文字数や段落の数、キーワードの挿入などがあります。ルールを守っていることは承認してもらう上での最低限の条件なので、絶対に守るという意識で記事を作成しましょう。

妥協しない

ポイントの2つ目は妥協をしないことです。

ライティングをしている時に難しい案件だったり、気分が乗らなかったりといった場合は、妥協してしまう場合があります。

しかし、妥協によって記事の質が低下してしまい、買い取ってもらえなければ報酬は発生しません。

記事を修正することで買い取ってもらえる場合はありますが、修正するための時間を考えると1回で済んだ方が無駄は少ないです。

修正する時間すらもらえなければ、費やした時間が無駄になってしまいます。

得意なジャンルの案件に参加する

ポイントの3つ目は得意なジャンルの案件に参加することです。

記事の質が低下する原因の1つに知識や経験の不足があります。よくわからないジャンルの案件を引き受けてしまうと記事の質が低下してしまいます。

得意なジャンルの案件に参加すれば知識や経験を活かせば、質の高い記事に仕上げられるでしょう。

ただ、得意なジャンルの案件ばかりを選んでいるとネタが尽きてしまいます。そのため、新しいジャンルに挑戦することは勉強が必要ですが、今後に繋がる行動です。

 

質によって高くなる文字単価

質の高い記事を作成しているとクライアントからの評価が高くなります。すると、文字単価アップに期待することができます。

0.1円程度のアップだったとしも積み重なれば報酬にかなりの差が生まれるため、侮ってはいけません。

クライアント側から文字単価アップをしてくれることが理想的ですが、自分から文字単価アップの交渉を行うことも大切です。

お金のことなので言い出し辛い面はありますが、アップすることもあるので交渉はとても重要な作業です。

仮に文字単価がアップしたのであれば、相応の記事に仕上げなければならないので、より質を意識してライティングに励みましょう。

まとめ

ライティングに取り組む際は記事の質を重視することが大切です。

質の高い記事を求めているクライアントは多いですし、承認されやすいメリットがあります。

質の高い記事を作成するためには①ルールを守る、②妥協しない、③得意なジャンルの案件するという3つのポイントを意識しましょう。

質の高い記事を納品していれば、文字単価アップに期待できます。