【2020年】稼ぎたい人必見!おすすめ副業まとめ

ランサーズでプロフィールに名前を登録する際の注意点

ランサーズはクラウドソーシングの大手としてとても有名です。

可能な仕事の幅は非常に広く、サイト制作やデータ入力、ライティング、翻訳など多種多様な依頼があるため、自分の得意分野でお金を稼げます。

そのため、本業だけではなく、副業でお金を稼ぐ時にも魅力的です。

ランサーズの魅力や仕事のやり方は以下の記事でご覧になれます。

副業で稼げるクラウドソーシングサイト①「ランサーズ」 

会員登録を行うことから始まる

ランサーズで作業をするためにはまず会員登録を行う必要があります。この点は他のクラウドソーシングのサイトと一緒です。

登録する内容は氏名や住所、電話番号といった基本的な情報から職種や今の状態、自己紹介文など仕事に関する情報までです。

また、登録した情報の一部は誰でも見られる状態になりますが、氏名や住所、電話番号といった個人情報は自分しか閲覧できないため、安心してください。

プロフィール用の画像も登録が可能なので、依頼者へ印象付けたいのであれば登録しておくと良いでしょう。

登録する際の注意点

会員情報を登録する際の注意点は、ユーザー名は一度登録してしまうと後で変更できないことです。

ユーザー名と共に表示名を登録できるようになっています。表示名についてはユーザー名とは別の名前で登録できますし、何度でも変更可能です。

上の画像を見るとわかりやすいです。表示名のところは入力できるようになっています。しかし、ユーザー名は入力できるところがありません。

表示名は何回でも変更できますが、ユーザー名は変更できないので、最高のユーザー名を登録登録しましょう。

しかし、うっかり変な名前で登録してしまうことはありますよね。

ユーザー名を変更したい場合の対処法

表示名で我慢する

クライアントがランサー(作業者)を探す時はプロフィールの情報を閲覧します。プロフィールに表示されるのはユーザー名ではなく、表示名となっています。

そのため、表示名を好きな名前にしてしまえば、ユーザー名が知られてしまう確率を下げることができます。

確率を下げられるだけなので、ユーザー名を完璧に隠せるわけではありません。なぜなら、プロフィールページの画像が表示される場所の下にユーザー名が小さく表示されるからです。

まさかこんなところにユーザー名が表示されているとは思っていませんでした。

一度退会する

これはまだ登録して間もない段階で有効な対処法です。あまり作業していないのであれば、プロフィールに表示される作業数や評価、合計獲得額といった情報が少ないからです。

しかし、ある程度作業を行ってしまい、実績を積んでからとなってしまうと、これらの情報はリセットされることになります。

私はクラウドソーシングでランサーズを一番使用しており、実績が積み重なっています。そのため、ユーザー名を変更したくてもできない状態です。

実績を気にしなければ退会という選択も良いですが、もったいない気持ちが強いので実行できていません。

まとめ

ランサーズでは会員登録の際にユーザー名と表示名を登録します。表示名は何回でも変更できますが、ユーザー名は変更できない仕様です。

そのため、表示名で我慢するか、一度退会するという対処法が有効です。ユーザー名はプロフィールページの画像を表示する場所の下に小さく表示されるため、完璧な対処法とは言えません。


クラウドソーシング「ランサーズ」